1. >
  2. >
  3. 心と体に効くアロマテラピー

心と体に効くアロマテラピー

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、香りを目的にそって使用しリラクゼーション効果を得ることを言います。

そのため、ストレス発散のみでアロマテラピーが使われているわけではありません。
人によっては、体調不良を克服する目的でアロマテラピーを使用されている人もいるのです。

例えば、睡眠障害に悩まされている人がアロマを頼っているというケースは、年々で増加傾向にあります。
なぜアロマを使用するのか?というと、アロマテラピーによるリラクゼーション効果は睡眠の質を改善するからです。

アロマの匂いは鼻から吸引されますが、その影響はダイレクトに脳に対して作用するのです。
そのため、リアルタイムでリラクゼーション効果を得ることができます。
すると、段々と気持ちの疲れがやわらいでいくため、結果的に睡眠障害が治った、もしくは睡眠時間が長くなったという人がいるのです。

他にも、アロマテラピーにより健康を維持している人もいます。
人によっては、健康不良のため元気が無い人もいますが、そのような人にはアロマが効果的です。

例えば、朝の目覚めがスッキリしない・・・という人は、柑橘系アロマを試してみましょう。
柑橘系アロマは鼻から吸入した際に、脳に対して刺激を与えるという効果があります。
冷たいものを飲んだ時のようなしゃっきり感があるため、今ではこのようなアロマも健康改善に効果があると言われるようになりました。

アロマテラピーで有名なもの

アロマテラピーがどのように活用されているのか案内したので、次いで、アロマテラピーで有名なアロマについて案内させていただきます。

最も有名なものはハーブ系です。
ハーブミントなどで有名なアロマですが、こちらは爽やかな香りが特徴となっているため、気持ちを切り替える際のアロマテラピーで知られています。

また、気持ちだけでなく呼吸器系にも作用するため、体調不良などで呼吸が荒い人の呼吸を落ち着ける際にも効果的。
高い効果をあげるものには、ハッカ、ペパーミントなどがあります。

次に有名なものは柑橘系のアロマです。
オレンジなどが有名ですが、こちらはみずみずしい香りを放つという特徴があります。
効果的なアロマにはレモン、グレープフルーツなどがありますが、どれも気分の切り替えに効果があるため、集中力の持続などで大きなアロマテラピーを期待できます。

最後に、今では女性から支持されているアロマにフローラル系というものがあります。
フローラル系は花特有の甘い香りを放つのが特徴。

リラックス効果が従来のアロマより強いということで、ストレス発散だけでなく、神経そのものが疲れている人のイライラを解消する効果もあると言われています。
大きな効果が期待できるアロマには、ローズ、ゼラニウム、ジャスミン、ラベンダーなど。