【夏のお弁当】食中毒対策!

素手に注意する

夏のお弁当の食中毒対策についていくつか紹介します。

夏のお弁当の食中毒対策ですが、基本的に素手で触るという行為は全面的に禁止としておきましょう。
これは料理を作る際にも同じことが言えます。

そもそも、夏のお弁当で発生する食中毒というのは、人の手を伝って細菌が移動していくことで、細菌が増殖していくという流れが存在しますので、人の手が清潔であれば細菌は増殖しづらいのです。
もし、どうしても手で鍋、フライパン、弁当箱、食器などを触りたいという時は、殺菌効果のあるハンドソープを使用してからが望ましいです。

次に水分はキレイに拭き取るようにしましょう。
水分は食器だけでなく、人の手についているものもキレイに拭き取るようにします。

その理由ですが、水分を放置されていると段々と日光で熱せられ、最終的にはぬるい水になってしまうからです。
ぬるい水は細菌が増殖する上で欠かせない材料と言われていますので、水分を拭き取っておくだけで細菌の増殖を防げるのです。

最後に、素手でものを触らないためにも料理用のゴム手袋を使いましょう。
ゴム手袋は、100円ショップで売られているものを使わないほうが良いです。
こちらは作業用のゴム手袋と書かれていますので、防菌性の高いゴム手袋ではないからです。

手の汚れというのは、いつの間にか汚れていきますし、なにより夏のお弁当の食中毒対策が失敗に終わってしまう原因にも当てはまるので、なるべく清潔を維持できる料理用のゴム手袋を購入すべきです。

長く放置しない

夏のお弁当の食中毒対策として、素手以外の対策を案内させていただきます。

一番効果的な対策では保存容器を使うという手段です。
保存容器は電子レンジでチンできるものを使いましょう。
その理由ですが、保存容器に入っている食べ物を取り出す際に周りを汚してしまう危険性があるからです。
これでは、夏のお弁当の食中毒対策とはなりません。

また、電子レンジでチンするのに最適な保存容器を購入しましょう。
保存容器の表記に「電子レンジで使えます」という案内があれば、使用されても問題ありません。
もし、電子レンジでチンできない保存容器を使ってしまうと、プラスチック特有の嫌な匂いが食べ物についてしまうため、食欲をそがれる結果となりますのでオススメできません。

それと、夏は食べ物が長持ちしないということも忘れてはいけません。
夏といえばカレーなどで食中毒が良く発生しているのですが、基本的に2日以内に食べないと、食べ物がダメになりやすいことも覚えておきましょう。

夏は異様なほどの熱がともなう季節です。
そのため、まだ大丈夫と思っている食べ物でも、清潔に保存されていないとすぐにダメになることが多くあるのです。

作り置きおかずでラクちんお弁当

定番の肉じゃがなど

作り置きおかずとして定番となっている肉じゃがですが、肉じゃがだけでもかなりの料理が作れます。

例えば、ご飯と混ぜて肉じゃが丼にしてしまうというのも手です。
肉じゃがの良いところは、ビタミンたっぷりの野菜が含まれていることなので、ご飯との相性も悪くありません。

また、一工夫して肉じゃが丼を完成させたいのであれば、白ゴマ、黒ゴマなどをまぶしてみるのも良いでしょう。
ゴマにはセサミンという栄養が入っているのですが、日常的に摂取しない栄養でもあるので、作り置きおかずで作ったお弁当に丁度良い栄養です。

セサミンを得ていると血液がサラサラになるだけでなく、体調なども安定するようになります。
ビタミンというのは、内臓の健康、もしくは免疫力を高める際に必要な栄養として知られていますので、血管なども丈夫にしたい場合はゴマの力を借りると丁度良いのです。

それと、作り置きおかずの肉じゃがを冷やしておいて使うという手もあります。
先ほどは丼にしましたが、冷やした作り置きおかずは肉じゃがでもそうですが、サラダに混ぜてみると中々美味しい味わいになります。

元々、肉じゃがは味がハッキリとしているので、大半のものと良く合うという長所があります。
なので、その長所を活かして料理を作ってみるのも大事。

肉じゃが以外の作り置きおかずでは、野菜料理などの作り置きを使ってみるのも良いでしょう。
私の場合は、このような料理をチャーハンに混ぜて新しいチャーハンを作っています。
チャーハンというのは、肉じゃがと同じで味が濃いので、野菜料理などと相性が良いのです。

なによりチャーハンは子どもも大人も美味しいと感じる食べ物なので、作り置きおかずのお弁当として十分な味わいになります。
しかも、簡単に作れるので調理にそれほど時間もかかりません。

しなびた野菜をバターで炒める

野菜などで千切りキャベツのようなものが残った場合、バターとこしょうで炒めてみると中々美味しい料理に早変わりします。

千切りキャベツなどを、そのままドレッシングで和えても味わいは良くなりません。
野菜というのは、新鮮さが長く保たれない食材でもあるので、一度、調理してしまったものは炒めたほうが良いでしょう。
季節によっては食中毒の危険性もありますし、なにより生臭さのようなものが無くなるので、バター炒めがオススメです。

また、炒めたものにドレッシングをかける際ですが、ごまドレッシングをかけるようにしてください。
ごまドレッシングは味わいが濃厚、匂いについても鮮烈なので野菜との相性がバッチリです。

なにより、ちょっとだけ使用すると味が浸透するドレッシングでもあるので、使いやすさという面でも他のドレッシングより優れています。

海に行ってきた!

  • やっぱり海は良い!

先日、子供たちを連れて海に行ってきました。

海って、体は塩でベタベタになってしまうし、私はあんまり好きじゃないですけど、子供はやっぱり好きなんですよね。

子供にしてみれば、波があるところでしっかり遊ぶことができて、さらに海の家で美味しいご飯やおやつを食べることができて万々歳なのかもしれません。

辛いのは親だけ…ということで、なんとか勇気を出して行ってきました。

こんなに暑いのに、さらに日焼け対策をしなければならないほど暑いのに、よくこんなに人が集まるな…と思うくらい、人がいっぱいでした。

みんな元気がありあまってるんですね(汗)。

子供たちは海をみること自体はじめてなので、本当に大騒ぎで興奮状態!

「よくこんなに騒げるなあ」と思うほどはしゃいでいて、驚いてしまいました。やっぱり、子供は海が好きなんだなあと実感。大人は苦手でも、子供にとっては本当に楽しい場所なんですよね。

勇気が必要だったけど、連れて来て良かったなあと思いました。

  • 実際に海に行ってみないとできない体験もある

実際に海にいってみないとできない体験もありますよね。

例えば、海が引いてく時にひっぱられるみたいな体験。あれ、どうしてなのかいまだに解らないですが、体がさーっとひいていくような気がして楽しいですよね。

そういう体験ができるのが、良かったなと思いました。

大人にとっては当たり前のことでも、子供にとってはそうじゃないし、知らないことも多いんだなと思った一日でした。

本当に、、いろいろな体験をすることができてよかったと思います。

ただ、海にいくとやっぱり疲れますよね。

私はほとんど海に入らず砂浜から見守っていただけですが、夫と子供はずっと海の中に入っていたのでやはり体力をそぎ取られたらしく、家に帰ってすぐに爆睡してしまいました。

やっぱり、水の中は本当に疲れるのでしょう…。

  • 今度は磯遊びに行きたい

今度は、磯遊びに行きたいと考えています。

磯遊びだと、イソギンチャクや小魚などをみることができるので、子供にとって楽しい思い出になるかなと思って…!

こういう経験って、なかなかできないですからね。

子供たちも、魚などをみてみたいと言っていたのでそれをしっかり見せてやりたいと思います。

でも、今年はもう疲れたし来年でいいかなあ(汗)今年はもう本当に疲れたんで、来年になったら頑張っていきたいと考えています。

子供たちが今度はどんな風に楽しむのかがとても楽しみです。

 

雨の日大好き

  • 雨の日がわりと好きです

雨だと、子供たちは外で遊ぶことができないし、確かに困ることもいっぱいあるのですが…。

私はけっこう雨の日が好きで、雨の日になると気持ちが落ち着きます。

ちょっとほっとすることがあります。

どういうことなのかというと、晴れの日だとなんだか焦るんですよね(汗)

なんか、頑張らなくちゃいけないようなきがしてしまって…!

洗濯しなくちゃ、買い物行かなくちゃ、公園に子供連れて行かなくちゃ、そういうことに常に追われている生活って言うか、そういうことがあるんで、なんだか疲れるんですよね。

でも、雨の日ってそういうことがないから…

公園は行けないし、洗濯物も干せないし、そういうこと考えてたら「雨の日っていいな」と思って。

子供はがっくりしますが、私は雨の日をすごく楽しませてもらってます。

雨の日だと、なんだかゆったりすることができるので、好きなママさん実は多いんじゃないかな?と思ってます。

みなさんはいかがでしょうか?

  • 雨の日大好き、だからいろいろなことをやっています

雨の日がすごく好きなので、いろいろなことをやってます。

まず、普段はなかなかできない部屋の掃除。

普段はバタバタとしていて、なかなか掃除もしっかりできないのですが(言い訳)、雨の日はじっくりと掃除ができるので、そういうところは嬉しいですね。

雨の日だからこそできることを満喫しているかんじです。

けっこうがっつり頑張ってます♪

一番やってるのは、押し入れの片付けなどですかね…。うちは、子供たちのもので押入れがあふれかえっているんで、やっぱりそれをなんとか片付けたいと思って整理してます。

意外に出てくるのがいらない物!

整理したつもりでも、ダンボールをあけてみたら要らないものががっつり詰まってた!ということがあるんで、片付けは定期的にするようにしています。

こういういらないものを片付けていかないと、あっという間に家がもので埋まってしまうので…。

ただでさえ収納を考えるのはニガテだから、できるだけ要らないものは捨てて場所を開ける様にしています。

子供がいると、それでなくてもいらないものがどんどんたまっていきますよね。

小さくなった子供服とか、前はちゃんととっていたんですが、最近はちゃんと整理して捨てることにしました。

そうしないと、本当にどんどんたまっていって大変なことになっちゃうから…。

一気にやろうとすると本当に倒れるので、ちまちま片付けようと思って頑張ってます…!

 

料理って大変

  • 料理はいつまでたってもうまくならない…

主婦なので一応料理はするのですが、いつまでたっても料理は上手にならないし、あまりにも下手なままだな…といつも反省しています。

料理って、手抜きも簡単だけど凝ったものをつくるのは本当に難しくて。

私はついつい手抜きをして楽な方に走ってしまうので「これはいかんな~ダメだダメだ」と思っているところですね。

特に子供がいると、凝った料理を作っても食べてもらえない…ということが本当に多いので、困っているとこもあります…。

たとえば、ハンバーグに野菜を練りこんだりとか、そういう工夫をしないと野菜を食べてくれることがないので、どうしてもそういう形のおかずになってしまってTTT

これでいいのかなあ…と考えてしまうこともしばしば。

本当は、もっとがっつり和食とか作りたいのですが、なかなかそれができないので「どうしよう…」となっています。和食、もっと子供に食べてほしいなあ…。

もともと料理は得意じゃなかったけど、子供ができてからますます下手になったというか、つくるものが本当に偏ってきている様な気がする…TTT

このままだといけないなあと思うんですが、子供がいるとしょうがないなとか思ってしまって、ダメですね。

○ほんと、料理は難しい

今は野菜とかも高いし、予算の範囲で子供にいいものを作るって本当に難しくて、四苦八苦しています。

野菜、本当に高くてうんざりしますTTT「野菜をたくさん使おう」と思うと、結局似たようなものばかりになってしまうので、主人には申し訳ないなあ…と…。

子供にも申し訳ないし、主婦としてどうなのかなとずっと葛藤しながら生活をしています。

本当にね、もっと手をかけてあげないと健康によくない!絶対に良くないって思うのに、どうしても手抜きをしてしまうから申し訳ない…。

本当に、申し訳ない…。

少しでも体にいいものを…という気持ちから、煮物を造りたいきもちがいっぱい…

でも、煮物はぜんぜん得意じゃないから、なかなかつくらないと思いますけどね(泣)。

料理が上手くなりたい!というのは、本当に多くの主婦が同じ気持ちだろうと思います。私も精進しなくちゃと思いつつなかなかできていないので、子供が大きくなったらしっかりとフォローすることができるようにしていきたいなあ。なかなか難しいけれど…。

やっぱり、子供は本当に可愛いし健康に気を付けた食事でいつまでも元気に…と思います。

身体に気を付けてあげられるのも、親だけですものね。